ここでは、最近よく世間でも知られていると思いますが、介護福祉士について紹介していきたいと思います。すこしでもご参考にして頂ければ、誠に幸いです。

介護福祉士とは?

この資格は、社会福祉士、精神保険福祉士と並ぶ国家資格(三福祉士)のひとつであり、介護福祉士は、専門的知識と技術をもって寝たきりのお年よりや認知症、障害者が日常生活をしていく上で支障がある人たちへ介護を行う事になります。

業務内容は、ヘルパー2級と変わらず、身体に対して、また、精神的な自立を助けるための入浴、食事、排泄・整容等の介護を行えます。

また、介護を受ける方や介護者(家族など)に対して、介護に関する指導をおこなう事もできる専門的な国家資格ですので、資格取得する人も少なくありません。

介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護福祉士とホームヘルパーは仕事上ではそんなに大きな違いはありません。ただ、介護福祉士の方が就職先の選択肢が幅広いという利点があります。

介護福祉士の活躍の場は介護サービスを提供する場所ですので、病院・介護施設などの場所でも仕事ができるということです。つまり介護福祉士は、専門家としての知識・スキル(能力)に期待されているということになります。

また、介護福祉士はホームヘルパー1級としても見なされています。

 

待遇面で有利となる。

職場での待遇面も介護福祉士のほうがもちろん有利です。

介護福祉士は資格手当がつきますが、ホームヘルパーには資格手当ては原則ありません。また、同じ仕事をしているのに差が出る部分ですから、この資格はヘルパーを目指す方は取るべきだと思います。

介護福祉士は、講習さえきちんと受ければ、誰でも取得できます。勉強は大変ですが、介護業界でずっと働こうと考えてる方は介護福祉士を取ることをお勧めします。