ヘルパーを目指す方へ

私ども介護24グループでは、訪問介護を含む福祉サービスに今後携わる方へすこしでもお手伝いできるように、ヘルパー業界の動向や関連する情報をお届けしていこうと思います。その中で、皆様へ、すこしでもお役に立てるようにがんばりますので、ご参考にして頂ければ、誠に幸いです。

現在の介護業界について

現在、日本の高齢化社会がますます進む現代において、そのニーズの高まりは進むばかりですが、介護ヘルパー(ホームヘルパー)のお仕事を目指す人が急増しています。これは大変重要であり意義のある事です。

介護ヘルパー2級講習過程を修了したする人の年齢層は10代〜60代までと幅が広く、その多くは主婦の方であるといわれております。 その中で20代〜40代の修了者は全体の7割以上を占め、年齢を追うにつれて、その有資格者に増加傾向にあるといわれています。

その上で50代については、全体の2割弱を占めるなど、ご年配の方であっても資格取得を目指す方が多いのも特徴であり、ヘルパーの資格を保有する人達は全年齢でおられるのも、この介護ヘルパー業界の特色であったりします。

それから、男性の介護ヘルパー希望者については、全体の1割程度以上でありますが、年々この業界で働こうとされる希望者については増加傾向にあるとされており、今後も増えていくと予想されています。

その中で、介護職を仕事として捉えている方が多い中、家族の介護に役立てたいという想いから受講されている方も需要がでてきており自発的に、この福祉の仕事を志す方達も増えているそうです。

ヘルパーになるためには

このサイトを訪れて、こんほページをご覧頂いている方には、これからヘルパーを目指される方や、現職の介護職員の方、または利用者関係者の方などがご来訪いただいていると思いますが、現在、ヘルパー資格を取得するには介護の学校へいったり、国の雇用に関する部署から介護ヘルパーの道を進まれる流れが主流となっております。

近日、介護ヘルパーになるために必要な情報をまとめていこうと検討しておりますので、それまでどうか今しばらくお待ちください。