介護予防について

介護予防とは、介護予防訪問介護と呼ばれ、介護保険制度改正前の訪問介護(ホームヘルプサービス)の介護予防バージョンとして新設されたサービスとなります。以下から詳細をご紹介します。

介護予防は「要支援1・要支援2」認定者の介護サービス

介護保険制度改正後、要介護認定で「要支援1・要支援2」に判定された方は、改正前の介護サービスから、改正後に新設された介護予防サービスを受けることになりました。

介護予防サービスは、「要介護」以上の方がうける介護サービスに比べ、「本人のできることは、できる限り本人が行う」ことを重きにおいた介護サービスです。

これにより、サービスを利用するおじいちゃん、おばあちゃんの自己の能力を引き出し、体力や生活の維持を期待できるようにすると共に、ハリのある生活ができるようにサポートしていくサービスともいえると思います。