訪問介護に関するQ&A

ここでは訪問介護に関する働く側からの視点で見た、いろんな問題をQA形式にして、介護24スタッフなりに考察していきます。参考にしていただければ幸いです。※あくまでもご参考としてご覧ください。

(Q)02  複数の要介護者がいる世帯に1人のヘルパーを派遣する場合

(A)  それぞれに標準的な所要時間を見込んで居宅サービス計画上に位置付ける。 例えば、要介護高齢者夫婦のみの世帯に100 分間訪問し、夫に50 分の身体介護サービス、妻に50 分の身体介護サービスを提供した場合、夫、妻それぞれ身体介護を算定する。ただし、生活援助については、要介護者間で適宜所要時間を振り分ける。

(Q)03  利用者がサービスをキャンセルした場合、ヘルパーの給料は出ませんが、事業所としてはどうすればいいですか

(A)  利用者と契約次第でキャンセル料の徴収が可能です。介護24では(厚生労働省労働基準局長通知 基発第0827001号)を参考にしています。

(Q)04  医療保険適用病床の入院患者が外泊時に介護保険による訪問介護を利用することはできるの?

(A)  外泊も入院期間中となり、介護保険のサービスは一切利用する事はできません。

(Q)05  利用者の希望により、介護保険のサービス後、同じヘルパーでそのまま全額自己負担で介護保険給付対象外のサービスを提供することは可能か

(A)  ヘルパーさんが1回の訪問で、介護保険による訪問介護と個人契約サービスが引き続きされる場合、訪問介護のサービス内容が、明確に区分されて居宅サービス計画に記されてあり、明確になっている事で、所要時間に応じた訪問介護費を算定できるとあります。

(Q)06  利用者宅へ訪問した時、有料の駐車場を利用した場合は駐車料金を利用者から徴収できるの?

(A)  駐車料金は交通費に含まれるので、利用者から交通費を徴収することはできない事になります。 以上を踏まえると、事業所の通常サービス地域にある利用者から駐車料金を徴収することはできません。