通院等乗降介助について

訪問介護には時間や内容でサービスの種類が複数ありますが、ここでは訪問介護事業所が行えるサービスの2本柱のサービス身体介護や生活援助以外にもうひとつご紹介しておきたい通院等乗降介助についてご紹介していこうと思います。

通院等乗降介助とは?

介護24ではこのサービスをまだ取り扱える事業所がほぼありませんが、よく介護タクシーと呼ばれているサービスを行っている事業所さんでは取り扱いがあるサービスであるといえます。

通院等乗降介助の実際のサービス内容は、介護タクシーのサービスを利用できる事業所さんへ(この指定を受けている福祉事業所)事業所の所有している自動車で、病院までと病院から自宅までの送迎をしてもらえるサービスの事を指します。

文字通り自宅から乗車までの介助、到着から受付までをまかなう介助であり、実際の利用者さんにはホームヘルパーの同行が目的完了まで必要な事もあり、この部分はとても重要な要素であるともいえますが、

介護タクシーとは?

介護タクシーとは、広義には、運転手が介護員の資格を有し必要な介護を行えるタクシー。簡単にご説明すると介護保険の乗降介助が使えるタクシーとなります。

一般には車両への乗り降りが困難な利用者にサポートを行うのが具体的なサービス内容となりますが、介護保険上において通院等のためホームヘルパー資格を有する介護タクシーのみ、利用者の運搬の際、車両への乗車又は降車の介助を行うとともに、乗車前若しくは降車後の屋内外における移動等までのサポートを一まとめで指します。

このサービスの内容には、車両までの移動介助、乗車の介助、降車の介助、病院内への移動介助が含まれます。

通院介助に関しては、状況、要介護度、介護の必要性により、色々なパターンがある事を理解しておくことと共に、

このサービスにはいろんな条件があり、各都道府県、地域でも若干の考え方の誤差もございますので、このサービスを利用希望の方などは、まず最寄の関係機関へ十分に相談すべきだと考えます。